バスケットピンポン協会正式ルール(抜粋)
 

 レクリエーションスポーツ
    



左記PDFより
バスピンルール集を印刷して
お使い下さい。
米お願い
ダウンロード後、表示の大きさを調整する
数字を、100%に切り換えて下さい。
画面が大きく出ます。

. バスケットピンポン規約
1.
ルールーの総則
2. 得点になるポイント
43.
1セットの勝敗
4.
ヒット
5.
サーブ
6.
ノーカウント
7.
反則
8.
競技の進め方
9.
バスケットピンポン大会の種目
10.オーダー表
11.
審判記録用紙の形式
12.
審判の任務
13. 審判員の呼称方法とジェスチャ
備考 その他詳細については、写真のバスケットピンポンの正式ルール集があります。冊子ご希望の方は、。
    ¥400円切手〈送料込)同封の上下記へお送り下さい。

尚、上記PDFファイルマークより、無料ダウンロードも出来ます。
   ダウンロード後印刷してお使い下さい。

     
649-6317 和歌山市山口西415-1(NBP内)バスケットピンポン協会HP係
 info@basketping-pong.com
14. バスピンクラブ指導員の手引書
15. クラブ構成
16. バスピンクラブ年間スケジュール
17. 大会開催の実際
18. バスケットピンポンの歌
19. 付則  図解解説
        1.サーブ
        2.レシーブ
        3.ヒット
        4.カウンターの使い方
        5.競技中の事例説明
        6.競技の進め方No1 
        7.競技の進め方No2
        8.バスケットピンポンの段級位制〔めやす〕
手引書 【バスケットピンポン協会制定正式ルール集】 目次
  トップページ  バスピンの概要 正式ルール 楽しさの秘密その1 楽しさの秘密その2 愛用実践編 愛用テレビ編   バスピン生みの親
バスケットピンポン協会
〒649-6317 和歌山市山口西415-1 (NBP内)
Tel 073-461-6511  Fax 073-461-6521 E−mail info@basketping-pong.com
ルールの総則
得点になるポイント
1セットの勝敗
サーブ
  バスケットピンポンの発表会(1966年6月8日)。同日バスケットピンポン協会も発足しました。 正面央央が、考案者の故北原雄一です。







              

ルール集(手引書目次)












ルールの総則

  1. 公式バスケットピンポン競技は、バスケットピンポン協会規格のコートで行う。
  2. 競技は、個人戦と団体戦の2種類を設ける
  3. 3セットマッチを1ゲームとする
  4. 個人戦は3セットのうち、2ゲームを取った方の勝ち。団体戦は、3人1チームとし、1人1ゲーム(3セット)ずつ行い、3ゲームの内、2ゲームを取った方の勝ちとする
  5. 審判は競技者自身が行うが、公式試合においては別に審判をつける場合もある。
  6. 年少者、又はそれに準ずる者が、低いコートを希望する時は、その希望に添う

得点になるポイント

  1. 正規のリターン、もしくはサーブが出来なかったときは、相手の得点1点。
  2. ヒット(打ち返した球がノーバウンドで相手のバスケットに納まること)は、ジュースになるまでは2点の得点、ジュース以降のヒットは一挙に打者側の勝利になる(ゲームセット)
  3. 反則は1点。もしくはヒットと判定された場合は、2点を相手に与える。(但し、ジュース以降は前項目2.を参照)

1セットの勝敗

  1. 1度以上のヒットを含む11点、または12点を先取したほうの勝ち。
  2. ヒットのない得点は10点でストップする。(ノーヒット・テン)
  3. 10対10になると、ジュースになり、それまでのヒットは、無効になる。ジュース以降は、1本のヒットか、10点を先取した方の勝ち。
  4. ノーヒット・テンの取得者は、

サーブ バスケットピンポンの最大の特徴

  1. サーブはラケットを一切使わない。
  2. 原則として、ラケットを持たない方の掌に球を乗せて指を曲げずに(オープンハンド)、そのまま自領コートに投げ当てて、そのバウンドでネットを越え、相手のコートに入れるものとする。
  3. サーブは相手のコートのどこに入れても良い。
  4. プレーは、赤コート側のサーブで始まる。2回目以降は、ネットまたはネットラインを境に球のある側が行う。(したがって卓球のように何本ずつということはない。)
  5. ストライク(サーブで相手のバスケットにノーバウンドで入れる事)は、サーブを相手側にさせる事が出来るし、再度自分でやり直すことも出来る。 (得点は無し)
  6. サービスミスは相手の1点得点となる。
  7. ネットイン、サポートイン、エッジ等は、ノーカウントでサーブは、何回でもやり直しをする。